閉じる
  1. Instagramでよく見るハッシュタグ(#)のプチまとめ
  2. YouTubeチャンネルのカスタマイズが再生数UPのカギ
  3. YouTubeの文字起こし機能で聞きたいとこ取り!
  4. アファメーションの効果は本当にあるのか?
  5. ROOMで楽天ポイントをザクザク貯められるか?
  6. エックスサーバーのドメイン無料キャンペーンを利用する
  7. メルカリで売れた物リスト、意外?納得?
  8. エメポスのプラチナランクでやっと初報酬!
  9. ブックメーカー「1×BET」(ワンバイベット)の退会方法
  10. パソコン1台で自由自在な生き方を目指す
閉じる
閉じる
  1. アドセンス特化のイラスト素材が無料で使える「イラストック」でアクセスU…
  2. ネットビジネス作業日誌(2019年7月29日~8月4日)
  3. ネットビジネス作業日誌(2019年7月22日~7月28日)
  4. Google Analyticsで自分のアクセスをカウントしない方法
  5. ブックメーカー「1×BET」(ワンバイベット)の退会方法
  6. ネットビジネス作業日誌(2019年7月15日~7月21日)
  7. ぽちぽちビジネスって怪しくないの?仮想通貨で大損した人は注目!
  8. エメポスのプラチナランクでやっと初報酬!
  9. ネットビジネス作業日誌(2019年7月8日~7月14日)
  10. 電脳せどりの仕入れ先一覧【家電量販店】編
閉じる

パワーブログで脱サラ起業 どん底から大逆転!ネットビジネス奮闘記

Google Search ConsoleにWebサイトを登録する理由

お役立ち備忘録

Google Search Consoleを知っていますか?

グーグルサーチコンソールは
Google Analytics(アナリティクス)などと同様に
グーグルの無料サービスツールの一つです。

一般的に、サーチコンソール、もしくは短縮して
「サチコ」と呼ばれているそうです。

私の周りには副業でWebサイトを作成している人が
一人もいないので、
残念ながらこのツールを「サチコ」なんて
親しげに呼んでいる人はいませんが…、

逆に私もアフィリエイトをはじめた遥か昔から
「サチコ」って呼ぶくらいこのツールと
親しくなっていれば、

今頃アフィリエイターとして
セミリタイアを果たしていたかもしれません。

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを
きちんと活用して

 

日々サイトの分析を行い、問題点を改善すること

 

を習慣にすることが、パワーブロガーへの
第一歩なのかもしれません。

「そういうの苦手~!」
「データ分析なんて無理!」
「数字嫌いなんだよね…。」

など、細かい分析を怠ってきたからこそ
サイトも趣味レベルにとどまり、アフィリ報酬も
MAX10万円で伸びなかったのでしょう。

今回は資産になるパワーブログ作成が目的なので
これからはアナリティクスやサチコと
仲良くなるつもりです。

 

Search Consoleでできること

 

Google Search Consoleの公式サイトにおいて

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果でサイトが表示されるようにすることはできますが、登録することで、サイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

と説明されている通り、
サーチコンソールを使用するには自分の作成した
Webサイトを登録しなければなりません。

Search Consoleにサイトを登録すると

Search Console の利点

①Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視できます。
②Google 検索や世界中のユーザーからサイトがどのように見えているかを知ることができます。

を享受することができます。

サチコがサイトの状況を詳しくチェックし、
その結果を詳しく教えてくれるので

 

今どこを改善すれば
より多くの人にサイトを見てもらえるか

 

というたくさんのヒントをもらえるという訳です。
ネットビジネスに取り組む人は
積極的に使った方が良さそうなツールですよね。

 

Search Consoleへのサイト登録はSEO対策の大前提

 

どうして私がGoogle Search Consoleを
知っていたかというと、
ずっと昔に入っていたアフィリエイト塾で

「サイトを作成したら、
検索エンジンにインデックスされるように
Googleウェブマスターツールに登録する」

と習ったからです。

以前は”Googleウェブマスターツール”という
名前でしたが、2015年に
”Google Search Console”に改名されました。

サイトを作成してサーバにアップロードすれば
世界中の誰もが見られるようになりますが、

星の数ほどあるWebサイトの中で
誰かに見つけてもらうまでじっと待っていても
アクセスは集まりません。

絶えずWebサイトのデータを見回っている
検索エンジンクローラーに
自分のサイトを見つけてもらい、

Webページを検索エンジンのデータベースに
格納してもらわなければなりません。

そのように格納されることを、SEO用語では
”インデックスされる”とも言います。

以前Webデザインスクールで
サイト作成を学んだときに、

「インデックスされる時に、クローラーに
正しく認識されることが検索上位表示される
ためには不可欠。

そのインデックス化がスムーズに行われるように
より正確なHTMLやCSSを用いることも大切。」

だと教えてもらいました。

Google Search Consoleにサイトを登録するのは
そもそもクローラーにサイトを見つけてもらって
検索エンジンに入れてもらい、
できるだけ検索上位に位置づけたいためです。

また、インデックス化の際に
エラーや不備が少ないサイトの方が
クローラーからの評価が高く、
検索上位になりやすいので、

サチコに手伝ってもらって、できるだけ質の高い
サイトに改善していくことが大切のようです。

どのサイトも
 

たくさんの人に見てもらうこと
=できるだけ検索上位に位置づけられること

 
が求められています。

ですから、Search Consoleへのサイト登録は
いわゆるSEO対策のごくごく初歩的な最初の0.1歩
とでも言えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 成果報告

    起業成果勲章:ビジネスオーナー上級達成

  2. 楽天ROOMの新ランク制度で、Bランクからスタート!

  3. auctown

    オークタウンでヤフオクへの一括出品も再出品もラクラク

  4. お役立ち備忘録

    Twitterのアカウントで@の後ろを変えたい場合

  5. emerald-post_logo

    エメラルドポストでプラチナにランクアップしたけど報酬は?

  6. 高額塾が詐欺だったら弁護士に相談する?

おすすめ記事

  1. アドセンス特化のイラスト素材が無料で使える「イラストック」でアクセスUP!?
  2. Google Analyticsで自分のアクセスをカウントしない方法
  3. ブックメーカー「1×BET」(ワンバイベット)の退会方法
  4. ぽちぽちビジネスって怪しくないの?仮想通貨で大損した人は注目!
  5. エメポスのプラチナランクでやっと初報酬!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「等価交換」はビジネスの成功にも不可欠?
  2. 「目標を手帳に書くと叶いやすい」というのは本当?
  3. 『人生に成功したい人が読む本』斎藤一人
  4. ネットビジネス作業日誌(2019年5月20日~5月26日)
  5. メルカリで売れないものを放置していた結果
  6. 高額塾が詐欺だったら弁護士に相談する?
  7. ソネットブログが削除されてアドセンス報酬が!?
  8. 『人もお金も流れ込んでくる集客術 ファンクラブのつくり方』中村悦子

ピックアップ記事

  1. 水の妖精
  2. 作業記録
  3. 作業記録
ページ上部へ戻る